インクジェットの時に使う紙を意識する

   

プリンターで印刷をする時には大抵がインクジェットですが、利用できる紙もいろんな物があるので手近なもので済ませていることも多いかもしれません。印刷を綺麗にしたいと思うのであれば、いろんな種類があるので用途に合わせて使い分けると仕上がりがもっと美しく見やすいものになります。インクジェット向きの紙もたくさん市販されていますので、購入する前に一度パッケージを見ておくのもよいでしょう。
普段のプライベートや業務で使うものと、外部に提出したりするようなものを同じにするとその分だけ無駄も発生します。安価であればその分仕上がりは落ちる事も多いですが、大事な時に高価なものを使うようにするように工夫して、印刷品質と費用のバランスを考えて選ぶようにしましょう。

種類を覚えて使い分けていきたい

インクジェット印刷をする時に使う紙は専用のものを使うことで、滲んだりかすれたりしにくく綺麗に印刷ができます。市販されているものでも、家電量販店などに行けば専用のものがありますので使ってみましょう。普通タイプは価格も安価で、可もなく不可もなく十分な仕上がりです。コートタイプは、より綺麗に印刷ができるようにインクを吸収しやすいように加工がされているので、しっかり色が定着するので普通タイプと見比べてみるといいでしょう。
また、最近は趣味でカメラを楽しんだりイラストを描いたりする方も多いですが、写真向きタイプを使えばコートタイプよりもさらに色が乗りやすいように加工されているので高くはなりますが、再現度合いも高くとても美しい出来映えになるのでここぞという時に使っていきましょう。

仕上がりとコストを見極めて使おう

種類も見ていくと、プリンターメーカーが製造している純正タイプと、価格を抑えて汎用性のあるタイプもあります。これも好みではありますが、なるべくメーカーは揃えておく方が印刷した時も綺麗になります。ごく稀にメーカーなども記載がないものを使ってしまうと、汎用品とあっても印刷品質が落ちる事もあるので、純正でない場合には試しに印刷してから作業に入るといいでしょう。
仕上がりとコストは密接に繋がっているので、綺麗にしようと思うとその分だけ費用が増えてしまいます。だからと言って安いものだけを使おうとすると、必要な印刷レベルではなくて結果的にやり直しで費用がかさむ事もあります。見極めるのは慣れないうちは難しいですが、少量ずつ試しながら用途に合わせて適したものを使って下さい。

ピックアップ記事

インクジェットプリンターのカートリッジ回収サービス

インクを原料にしたカートリッジを使うプリンターをインクジェット方式などと呼びます。カートリッジは4色のものや6色のものが流通していますが、最近では8色タイプのプリンターも登場しており、高画質の印刷を求...

インクジェットの時に使う紙を意識する

プリンターで印刷をする時には大抵がインクジェットですが、利用できる紙もいろんな物があるので手近なもので済ませていることも多いかもしれません。印刷を綺麗にしたいと思うのであれば、いろんな種類があるので用...

手軽に印刷を楽しめるインクジェットプリンター

パソコンを使っていると、写真などを印刷して手元に置いておきたいと思うことはないでしょうか。モニター越しに見るよりも手に取って眺めるほうが、よりその魅力を感じられるはずです。そんな時に役立つのが、インク...