インクジェットの利点と強みについて

   

インクジェットを使うと鮮明なカラーを表現することができ、会社やお店、家庭での使用で鮮やかなカラーを使うことでより生き生きとしたカラーの表現を鮮やかに演出します。大型の出力装置では、大きなサイズの看板にも特化しています。そのため、会社や家庭では印刷できないような大きなサイズの印刷物が必要になった場合は、業務用の印刷ができる業者を利用すると大変便利です。
大きいサイズの看板だけではなく、建物の広告としてよく使われる垂れ幕の印刷をする事もできるので、インクジェットの細かさを利用することでより綺麗にはっきりとした宣伝ができます。業務用として発注する場合は、多くの注文をすることでお得に利用可能ですが、中には単体での注文でもお得に印刷が可能になっているところもあるので、そういったところを利用するのをおすすめします。

大判インクジェット出力について

出力サイズは一般家庭で使うものとオフィス用のとは違いがあり、対応メディアに違いがみられます。大判での作品では1メートルから5メートルにわたる印刷を主にこなします。看板を制作する際には、印刷する素材は塩ビ製の粘着シートを使用し、本体の骨組みになる板材の上に張り付けることで看板として作り上げていきます。
また、看板への印刷だけではなくのぼりに印刷するためのポリエステル素材のシート、窓に印字をつけるための透明なシートに装飾をする事も可能です。看板製作専門の会社でも同じようなカラーリングをしてもらうことができますが、複数の看板以外の作品も注文したい場合はまとめて違う種類の製作が可能な専門のものを利用すると、よりお得に印刷をしてもらうことが可能です。

印刷に対する安心のこだわりについて

看板などを制作する場合は素材へのこだわりが重要で、素材が頑丈であるとより長くに渡って印刷物を利用していくことができます。そのため、自社でこだわって素材を選び耐久性をテストしているという点があることはとても重要なポイントです。
それだけではなく、不良品があった場合に迅速に対処して再び印刷をし直してくれるのかということ、注文からいかにして時間をあまりかけずに綺麗で丁寧な商品に仕上げてくれるか、このようなポイントは発注側にとっても重要な点です。また、わかりやすい価格表を提示しているところは、利用する側としても計画が立てやすく注文もスムーズにできます。

最安値を目指し、価格は簡単で分かりやすい価格表でお知らせします。 広告幕の印刷幅は5メートル、長さは20メートルまでご対応可能です。 大きさが一枚当たり1㎡以下の幕が複数ある場合、別途で追加加工費が発生いたします。 お問合わせ、お買い物の際にお預かりしたお客様の個人情報は、最大限の注意をもって管理致します。 塩ビ裏グレー20㎡までは午前12時までのご注文で当日発送致します。 インクジェットのことならこちらのサイトをご覧ください

ピックアップ記事

インクジェットプリンターのカートリッジ回収サービス

インクを原料にしたカートリッジを使うプリンターをインクジェット方式などと呼びます。カートリッジは4色のものや6色のものが流通していますが、最近では8色タイプのプリンターも登場しており、高画質の印刷を求...

インクジェットの時に使う紙を意識する

プリンターで印刷をする時には大抵がインクジェットですが、利用できる紙もいろんな物があるので手近なもので済ませていることも多いかもしれません。印刷を綺麗にしたいと思うのであれば、いろんな種類があるので用...

手軽に印刷を楽しめるインクジェットプリンター

パソコンを使っていると、写真などを印刷して手元に置いておきたいと思うことはないでしょうか。モニター越しに見るよりも手に取って眺めるほうが、よりその魅力を感じられるはずです。そんな時に役立つのが、インク...